BLOG

声かけでは“わからない”

サッカーアジア杯を見ました。イラン戦。勝ちました。よかった。

中東の選手てうまいんですよね。ボールの収まりとか蹴ったボールのスピードなんかは普通の日本人とは根本的な体の使い方が違うんだろうなと思わされます。

ディフェンスも地味にうまいように見えます。ちょっと間合いが違って、一歩余計に早く懐に入ってくる感じ。普通そこつつかないだろっていう感覚が度々あります。

堂安は好きだし期待してるけど、イラン戦ではちょこちょこやられてましたね。超うまいんだけど、なにその収め方と驚くんだけど、これぐらい切り返しておけばキープできるだろ、っていうところでことごとくつつかれてボールを失っていました。空気読めよ普通そこで脚出さないだろ、みたいな感じで最後まで調整が効かなかったのはちょっと残念でした。

対して、南野のゴリゴリ具合はちょっと新鮮でしたし、大迫はいつもの鬼キープが出来ないなと思ったらアホみたいな空間把握からそこに出すのかとびっくりしましたし、最後の原口のドリブルはしびれました。

なにより、2点リードしてからの時間、今までみたいにあれよあれよと逆転されるような悪いイメージがあまり湧きませんでした。

これは確実にW杯のあれですね。

日本サッカーの根底に、ダメなタイミングで集中切れたら死ぬ、という言い伝えが日本人全員が信じる形で刻まれた感があります。

あんなにでかい声で「集中ー!」って言っててもダメだったのに。

すごいなー。