BLOG

昨日読み終わった本

ほとんど本は読みません。

大学を出るまでは、全く人並みには足りませんがそれでも偏りまくりながらも何十冊か文庫本は持ってる程度でしたが、フリーター以降はまあ読みません。

 

でもすごくたまに読んだりするわけです。

それは運良く何かで見かけたり、誰かに教えてもらったり、それなりの高いハードルを越えてきた本ということになるので、ちょっと面白いことが多い。

最近(と言ってもこの一年くらい)の数冊は、結構急所に入って仕事の進め方や作るものの感じや暮らしの心持ちに影響してたりします。

 

ちょうど昨日読みきった本も地味に面白く。すごく久しぶりにドキドキしながら読みました。

ファクトフルネスという本なんですが、偶然見かけた紹介記事でいかにも面白そうだったわけです。

著者のTEDプレゼンを先に見ておくとより面白がれる本だと思います。このおっさんの本なら読んでみようかなと思えるかも。

TED面白いなと思いつつちょっと引いてしまうことも多いのですが、このおっさんの話は一人吹き出してしまいました。

 

このおっさんの話、キーワードに「チンパンジーテスト」というのがあるんですが、これの説得力がすごい。

おっさん、クイズを出してくるんですが、回答は三択。サイコロを転がしても正答率は33%なわけです。チンパンジーが気分のままに選んでも正答率は33%に収束するわけです。

で、これを人間がやるとチンパンジーに負けると。

 

何も考えない行動より、一見考えた風な反射行動の方が悪い結果になりそうだ、っていうのは経験上それなりに一般論だろうと感じて今までいたわけですが、「考えたつもりの反射で行動するのは多分間違いだしまずいことになることもあるよ、ほら」っておしえてもらうと、日々のモヤモヤの一箇所はちょっと晴れたような気がしました。

 

また今度中身についても。