BLOG

バロメーターはメーターのことだった

バロメーター;気圧計、時雨計。転じてある物事の現在の状態を指し示すしるしとなるもの。
ということで、毎日付き合う自分のことですから、気づかないうちにどういう状況になっているかわからないものです。
自分の子供のことですら、その成長具合は日々の中では気づくことができず、ビデオなんかを見返してびっくりするわけです。

 

ましてやもっと注視していない、かつ、身近に感じてしまっている自分のこと、気づかないうちにどうにかなってしまっているに決まっています。
なんか疲れてるなーとかなんかイライラしてるのかなーというのも気づかないうちにそのままストレスを溜めていたりするわけですが、最近のバロメーター役となっているのが、アイロンです。

ここ数年くらい、服装を考えるのが面倒&さすがにいい歳、という理由で主にシャツを着るんです。
シャツに切り替えた当初は、洗いざらしで着てれば馴染むくらいに思っていましたが、だんだんどうにもならないと気づき始めます。
特に、乾燥機をかけてはいけないということに気づくまで長い道のりがありました。

で、ひどくくしゃっとなってしまったシャツをどうしたものかということで、学生時代に使っていたアイロンでアイロンがけを始めるわけです。
染め物専攻のテキスタイルデザイン学科なのでアイロンミシンその他裁縫道具は結構持ってたりするわけです。
作品出せという話になった時も、ちゃんと?ミシンとプロジェクターの両方を使いました。

しかしアイロン、これがめちゃくちゃ大変。
なんとアイロンがけというのはこんなにも大変なものかと。
ひ弱な10年以上前のスチームアイロンでシャツをソファーの角に当ててなんとかするわけですが、一枚15分くらいかかっていたでしょうか。

こんなことしたくない。
でもやらないと着ていく服がない。

そこでアイロンを買いました。スチーム多めのそこそこいいやつ?店頭でパナソニックの二番目に高いくらいのやつ。
合わせてアイロン台も。
で、乾燥機もやめました。洗濯ネットはさすがに続けられませんでした。シャツは消耗品と割り切ります。

これで一枚5分くらいに。
すごく効率が上がったことを知っているし、単純作業の手際をよくしていくみたいなのは好きなので、アイロンがけ自体は割と好きなわけです。
良いアイロン、なんて側から見ると無駄な買い物でしょうけど、買わない選択をした世界の自分はひどいことになっていると思うので、完全に買ってよかった物と言えます。
というわけで、割と日常の習慣の新参者としてアイロンがけが加わりました。

で、このアイロンがけ、バロメーター役として僕にとっては絶妙のラインにあるようで、ちょっとでも余裕がない感じになると全くやる気が起きなくなってしまいます。
嫌いじゃないけどそこまで好きじゃないというか、ストレス発散はサッカーやら自転車やらの方がいいし、時間が空いたなら映画やらアニメやらスポーツやらネットやら見た方がいいし、頑張ってやるなら本読んだりカメラ持って撮影にでも出た方がいいし、もっといいことが他にたくさんあるわけです。
かといって、皿洗いほどやらなきゃいけないよなやった方がいいよな度は高くなく、良いも悪いも動機が薄いわけです。

そんなこんなで、なぜかここ最近できていなかったアイロンがけ、ようやく先日まとめてすることができました。