BLOG

新潟の雪

いよいよ新潟も本格的な積雪です。
というのも、今冬、新潟が荒れるタイミングで出張に出ていることが多く、個人的には初積雪なのです。
そうなるとようやく愛車、ちょっと太めタイヤのMTBも活躍しそうなのですが、いかんせん新潟。
積もるのはどんなに積もってもいいんですが、解けるんです。
解けるのがダメです。
自転車に乗っていると、身体中に雪が降り積もり、そして解けます。ビシャビシャです。
つもりに積もってすぐ解けます。グッシャグッシャです。

この2点だけは、どうしても嫌なんです。
というのも、僕の生まれは秋田なんですが、ちょっと雪というものが違うのです。
新潟よりさらに北にありますので、もっと寒いわけですが、そのせいかよく「雪が凄そうだね」と言われます。
でも寒いだけで、そんなに量は降りません。
さらっと振ってビシッと固まります。圧雪状態になるわけです。
体に降り積もっても一払いすれば濡れることもありません。
アウトドアにはほとんど水という状態が無いのです。
寒い日が続くと、道端はきな粉が溢れたみたいになるわけです。溶けずに削れる一方なので。

寒さのせいで、耳あてすら必要だったり(新潟で必要性を感じたことはほとんどありません)、霜焼けになってぬるま湯に足をつけておかなければならなかったり、大変なこともありますが、水がないというのはすごく良いのです。
上にあげたように濡れないのはもちろん、車の運転が楽です。
凍ると滑るイメージがありますが、実は氷は滑らないのです!
氷と水が合わさった時にひどく滑るわけです。
長岡に住んでいた頃、バイトの夜勤明けで帰ろうとすると道路が凍っていることがあるわけです。
するとそこに得意の消雪パイプで水を撒くわけです。
待て。

そもそも、秋田から長岡に越してきた時に、消雪パイプというものの存在を知り、本気か?と心底思ったことを覚えています。秋田では坂道などの要所に電熱が仕込まれていることが多いのです。
まあ、当時、アパートから大学まで全ての道が腰高くらいまで雪に埋まってから、ひたすら水を流しておいて解かせば良いというひどい考え方にも納得したものです。
最高のアイデアではないかもしれないけどしょうがないですよね、あれ。
しかしおかげで、スタッドレスタイヤもABSも、文明の利器が性能を発揮できないわけです。
凍ってる、凍って水が浮いている、どちらの場合も、スタッドレスタイヤが水を除き、ABSが最大効率でブレーキをかけてくれるわけです。
ところが新潟の雪の場合、水と雪が一体となったズルズルした何か、なので、地面が動くようなもの。
水を除けようが関係なく、タイヤが硬いものにつく前に浮島ごと滑って行ってしまう感じです。
ABSが働きすぎると、ブレーキが効きません。ロックしない程度=超微弱なストッピングパワーしか発揮できないので注意が必要です。

というわけで雪ですが、ここ新潟市内では積雪があるのも結構短い間です。
まずはせっかくの自転車を活用することに集中したいと思います。

なんて書いていたらまさかの追加の大雪。
新潟に来てから一度、市内大停電の大雪というのがありましたが、雪の量で言ったら今回の方が全然多いです。
さすがに自転車も無理。平均でも膝上。