最近なにかとテレビ会議なるものが開催されることが増えてきました。
スカイプやらFaceTimeやら、そんな名前は聞いたことがありますが、好き好んでは使ってこなかったのであまりありがたみも感じずにおったわけです。

ところがいっとき、どうやら頻繁なテレビ会議、それもそれなりの品質のコミュニケーションが必要になる、という風が吹いたことがありまして。
その際にすごいシステムが導入されました我が社。
RICOHのテレビ会議システムなんですが、なるほどこれはスムーズ。
操作だけ把握できてしまえば、メカは一体型だしカメラの焦点距離もちょうど良いし回線品質も良いらしい。

この段階でようやく気づいたのは、やはりその人の様子を見ながら話をするっていうのは、すごくわかりやすくて大事っていうことでした。
特にやっぱり僕ら日本人は、言外の意味を汲まなければやりとりに事故るわけで、和やかな話し合いにするには見えることが大事なわけです。
初めましての人たちでも、テレビ会議であればなんとかなるもんだと。

特に今日それを痛感しまして、いざ始まったら先方のカメラ映像が来ない、という状況。
こちらの音絵は行っているし、向こうからの音は来ているものの、映像だけが届いてこない。
で、これは結構困ったわけです。
相手の様子がわからない。
ちょっと長いメッセージを伝えようものなら、はたして聞いてもらっているものかどうか、納得してるのかどうか、全然汲めないわけですね。
これは結構辛いもんだと初めて実感しました。

テレビ会議、なんて無駄なこと(ただ相手の顔を見ること)にお金をかけて、と思ってました。
テレビ会議、すごい。

そして最近は、全然大変じゃないサービスがあってすごい。
Skypeすら苦手だったんですが、そんな僕ですらぜんっぜんだいじょうぶなやつとか。
必要な人がちゃんと技術の恩恵を受ける、よく考えたら今ってそんな時代なのか!?