とある式典の現場調査で超久しぶりに京都に行ってきました。
どのくらい久し振りかと言うと、高3の受験以来なのでほぼ20年ぶりです。
修学旅行でも行ったので、高3の年は京都の年だったと言えますが、名所見学をサボってしまったのでほとんど何もみていません。
最近、いろんな土地の歴史を調べたり歩き回ることが多くて、その楽しさがちょっとだけ分かってきたので、なんてもったいないことをしていたものかと思う次第です。
なんと言ったって京都ですからね。
夜について次の昼にはもう移動だったのですが、それでもチラチラ目に入ってくるお寺や建物が凄そうで、ゆっくりみたかったなと残念に思いました。

ただ、それこそ大学受験の時のトラウマで、関西弁が怖いわけです。
受験対策が間に合わないまま京都市立芸大を受けて、圧倒的な何かを持っているわけでもないので、上手くいかなかった試験後に普通に落ち込んでいる時に、試験官の勘違いでなんか怒鳴られたわけです。
「 」て、なんて言われたか全然覚えてもいないんですが、えーー。。と思って、それ以来ちょっと関西弁が嫌です。

そのおかげでと言いますか、長岡造形大に入ることとなりまして、結局こんな仕事をしているのは運がよかったんだろうなとしか言えないわけです。
なんて書きかけだったら月日が立つのは早いもの、件の本番で再び京都にやって来ました。車で。
なんとか諸々の仕事を素晴らしくスムーズにこなし、観光の一つでも行けるように頑張りたい所存です。