超絶ひさしぶりになってしまいました。忙しいと思っちゃうとあれですね。

 

ちょうど今日、息子の自転車のことで、今までの自転車がもう小さいと。では、次どうしようかという話題があがりまして。

口頭で説明するのが結構大変なので、ついでにまとめてみようと思います。

まずもっての注意点があります。

・がっちり予算を設定しないほうがいい

・自転車は店頭で対面で買ったほうがいい

予算については、相場がわからないうちに決めてしまうと、コスパの判断ができなくなってしまいます。コスパが良いのに予算オーバー、という場合に手を出しにくくなってしまうわけです。

店頭での対面購入については、自転車を知っている人であれば揺るぎない常識です。通販で買う方法もあると思うし、それでなければ手に入らないものもあるでしょう。ただ、それは「知っている」ことが大前提です。何をどこまで「知っている」必要があるのか、判断がつかない人はそもそも手を出してはいけないと言ってもいいです。

最近でも激安自転車のスレーム破断事故が話題に上っていたように、死ねる機材です。自転車っていうと気を遣わずに乗る類のものというイメージなんですが、気を使わないで乗るための最低限の機材があってのことで、気を遣わないと死ぬ、という機材を手に入れてしまう可能性があるのです。注意。

 

というわけで、近くの自転車屋さんで気に入ったものが探せると最高です。

どんな自転車があるか見ていきましょう。

 

・BMX

BMXは元々が子供用の自転車なので、現在の体の小さい時期から大きくなっても乗り続けられる、という想像はできそうです。が、大人用のラインナップはそれなりに重量もあり、快適性を無視しているものが大半なので、競技以外での使用は基本我慢を強いられます。オシャレは我慢、で乗る方向ですね。

HAROとか

MONGOOSEとか

ここら辺は国内販売についても老舗代理店なので、あとあと助かることも多いと思います。

タイヤが小さいのと、そもそも必要ないのでそこまでギヤ比をあげることができず、漕いでも進まない感が強く大変です。ダート用、レース用であれば比較的普段の街乗りに向くと思いますが。。

構造上、頑丈さだけは間違いないことが多く、ルック車(見た目が似ているもの)であっても最低限頑丈なことが多いです。これは利点と言えるでしょう。

 

・MTB

街乗りには一番楽だと思います。ただ、一番ルック車が多いジャンルであり、万一欠陥があった場合に致命的な事故につながりやすいジャンルでもあります。一番わかりやすい例が、MTB型なのによく見ると「未舗装路走行禁止」のシールが貼ってある自転車があります。ルック車の由来です(MTBルックなのに舗装路しか走れない)。自転車好きになると、見た目の雰囲気一発でわかるようになるのでオススメです。

charge bikesとか

僕が普段乗っている自転車のキッズモデルなんですが、セミファットタイヤでワイヤー引きのディスクでこの価格。コスパ高いです。自身で乗っててパーツの作りやその他諸々不満はないですし、何より乗るのが楽しいバイクだということは実感があるので、オススメです。

 

・シティバイク

かごがついていたり鍵の扱いが楽だったり、シティバイクにもいい面はたくさんあります。取り扱いだけ少し丁寧にすれば(注油と空気圧管理)乗り心地も悪くなりにくいですし、そこまで無粋な存在ではないはずです。迷惑駐輪でガシャガシャとゴミのように扱われて然るべきもの、では全くありません。

 

ブリジストンとか

 

というわけで、ちょっと色々探して見てみようと思います。

本人が好きで乗れるが一番ですからね。好きだったら乗りにくさなんて我慢できるかもしれません。

安全に乗れるものかだけ口を出せればなと思います。