ちょっと仕事が落ち着いたかななんて思って、ちょっと自転車の整備でもしないとなんて。
ブレーキシューが限界だったので、ちゃちゃっと換えようなんて思ったわけです。

ところが、よくよく見ると、結構やばい。

ブレーキなんてワイヤーが切れかけ首の皮一枚みたいな感じだし、シフトケーブルのアウターが折れてフロントディレイラーは動かないし。

img_3004.jpg  img_3008.jpgimg_3015.jpg

リヤディレイラーのプーリーは磨耗しすぎてよくわからんことになってるし、ハンドルのブレーキブラケットは加水分解が行くとこまで行ってるし。
というわけで、こうなったら全般的に直そうということで、近場の自転車屋さんをはしごして、パーツをかき集めました。

ところがですね、ブラケットだけどうしても手に入らないんですね。

ドロップハンドルのブレーキのカバー、普段乗りのポジションで一番手が居る部分です。

img_3012.jpg

調べてもらったところ、絶版で手に入らないとのこと。
10年経ってないくらいなんですけどね。

実は無いと非常に困るパーツということが判明。

変速機構が大アップデートされたタイミングも挟んでいるので、レバー類だけ新しいのにするという技が使えず。

変速機もセットでとなると、廉価グレードとはいえ結構な出費でございます。

避けたい。
というわけで、手に当たる部分はなにかでなんとかしよう、という方針を立て修理を進めることに。

バラしてスッキリ。
手持ちのグリスが見当たらず、とりあえずのつもりがそのままになっていたシートポストのために、高そうなグリスを買ったものの、すでにがっちり固着の模様。。

筒に筒の部分は、グリスを塗っておかないとくっつくんです。

悔いが残ります。
と、ここまで来て仕事がバタつくのはいつもの話。