完全に油断してました。

超映画批評かなにかのレビューを見て、ふと見たくなって夜の回に行ってみたのです。

結果、油断してました。これかーという感じ。びっくりしました。

 

感想としては、痛快の一言です。

 

映像はエヴァの実写版です。

ゴジラを使徒とするとまんまです。

巨神兵よりも、全然エヴァです。

 

邦画のダサさってあるじゃないですか。

その、邦画のダサさが全部面白くなってるの。びっくりです。

日本のダメさってあるじゃないですか。

その、日本のダメさが全部愛おしいものになってるの。びっくりです。

 

日本が好きな人も嫌いな人もどうでもいい人も、とりあえず日本人的な人が楽しめる映画っぽいです。

外国人が面白がれるのかどうなのか。個人的には面白いはずがないと感じますが。

僕は自分のことを中道左派の日本人として人並みに生活し経験を蓄えていると思っているので、パロディに大いに共感しビジョンに感動し全体的に好ましい印象を抱きました。

 

それにしても、エヴァ劇場版とかもそうなんですが、毎度見たこともないものが出てくるんですよね。

大体の表現物って、この世にあるものや現象をモチーフにしてたり、先人の創作からインスピレーションを受けていたり。

気持ち悪いくらい新しい感じを受けるっていうのはそうそうないことだと思うんです。

でも、エヴァの使徒の感じとか、僕にとっては気持ち悪いくらい新しかったんです。

Qの光の表現もギョッとしました。光の映像って仕事柄よく作ったりするんですが、まったく新しくて気持ち悪かった覚えがあります。

 

ゴジラの登場シーンも、バカじゃねーかってくらい気持ち悪かった話。