毎週のように息子が習い事に行きます。柔術の修行に行くのです。

青山イオンに行ってちびっこクラスの友達と汗を流すのです。

で、青山イオン、週末は結構混みます。新潟南ほどではないものの、駐車場はちょっと連絡口近くには止めにくい感じ。

とは言っても、なかなか満車ってことはないんですが、先日はなんと満車で入車不可でした。

屋上駐車場が満車ということで、なぜか他の駐車場入り口に回れとの指示。

他の駐車場に回ると、特に何があるわけでもなく屋上に回れて満車というほどでもない。

 

と、こういうのはよくあるんですが、まずかったのはバス停(BRTなんかも停まる連絡が多いところ)横の出入り口が入車不可になったせいで、大渋滞になっていたことです。

入ろうと思った車が入れないので、入り口先の交通量が増えて混み始めます。混み始めると出口から出る車が出にくくなります。車が出られないので駐車場内が混み始めます。勘違いした車がバス停のスペースを爆走するも入り口が閉鎖なので行き場を失いだんだんカオスに。

出たい車が出られないから入りたい車が入れない、というみごとな悪循環を垣間見た次第です。

ちょっとした行為(一箇所の入り口を塞いだ)のせいで、今までにないひどい結果になるっていうのは興味深いですね。逆にちょっとしたことですごく良い方向に転がりだすこともあるし。

息子が柔術を続けているのも、最初嫌がってたのにちょっとしたことでちょっとだけ楽しく感じたのがきっかけだったように思います。今ではワクワクで通っていますよ。

バタフライエフェクトというのは、蝶の羽ばたきで生まれたほんのちょっとの空気の揺らぎの影響が伝わりに伝わり地球の反対側でハリケーンとなる、という比喩で、日本でいうわらしべ長者です。