3月の前半は、なんだかんだで万代島に行くことが多かったのです。ほんの息抜きに散歩がてら、だったはずが、なんとなく何度も足を運んでしまいました。

これです。

A Touch of Art in Niigata

【万代島賑わい創出社会実験】ということで、市が行っている事業の一つです。弊社でもちょっとだけお手伝いしているのですが、ぼく個人的にはほとんど何も知らなかったんです。なんとなくあそこでやるんだなーっていうのと、たまに流れてくるFacebookでもう描き始めているっぽいという情報を見るくらいでした。

でも、やっぱりその場に行くとね、よくわからない何かがありますね。撮影の帰りにちょっと寄ってみようくらいの話だったんです、最初は。でもまた次の日とか、なんなら週末に息子を連れてとか。同じ物を見に何度も足を運ぶなんて普段はあまりしないので、日々同じ物ではないんだろうなと今は思うわけです。

なんでしょうね。ライブ感というやつでしょうかね。グラフィティーやアートのことなんて、そんなにわからないんですが、目の前でプシューペタペタコロコロ描かれていく様には目を奪われます。

一緒に行った息子もよくわからない楽しみ方ながら、楽しんでいたようです。MONさんの横で超横柄に見学していたり。行く前はあんなにゴネていたのに。

とにかく数人のにぎわいを産んだことは確かなようです。これが市の事業てすごいなー。

A104C054_160312LE_CANON.MXF.20_06_33_12.Still001