お正月の不摂生もあり、雪が降ったタイミングで通勤を歩きに変更してみたわけです。

片道30分。往復1時間。

普段はそんなに歩かないので、これは結構運動になるんじゃないのか?と思っていました。

結論。

太りました。

歩きに変える前は、自転車通勤でした。

自転車だとものの10分で着いてしまうので、全然運動にもならないんだろうなと思っていたのですが。。

しかし歩きに変えた途端、それまでの現状維持も難しくなったことからも、結構いい運動だったようだと気付きました。

久々に自転車に乗ったら、腹筋も背筋も結構きついんですよね。

クロスバイクやもうちょっとスポーツよりの自転車にちゃんとしたサイズで乗る分には、腹筋とか背筋がよく働きます。ちゃんとしたサイズっていうのが大事です。サイズが変だと、一般的なイメージの「疲れて足が太くなる」が現実のものとなります。

そう、いろいろな本や漫画を見た感じ、前ももパンパンになるのはどうも体の使い方が悪い証拠のようです。走ったり登ったりして、ももの前側がパンパンに張って動けなくなった経験がある方もいると思うのですが、それ全然ダメみたいです。

かく言う僕も、自転車始めてしばらくするまでは、子供の頃からずっとそんな感じの体の使い方をしてました。

ダッシュすると前ももパンパン。サッカーでステップの練習すると前ももパンパン。自転車で坂道登ると前ももパンパン。なので、ももが太い一昔前のサッカー選手のような体型です。

ところが、前ももって前に進むための筋肉ではないらしいのです。びっくり。前に進むための筋肉は、体の後ろ側についているらしい。。頭の中で筋肉の動きを考えてみると、確かにそっちのほうが進む時に役に立ちそう。というか、前ももの筋肉でどうやって歩き走り進むのだ?とすら思います。

というわけで、最近は前ももパンパンという状態にならなくなりました。自転車で坂道を登ってもひたすら疲れるだけと言えます。ただ、佐渡ロングライドの最後の坂で体が終わりかけの時には、前ももだろうが腕だろうが喉だろうが、残っている筋力を全部使うので全身パンパン翌日変な筋肉痛になります。

というわけで、せっかく体が動くようになりつつあったところを、しばらく間が空いてしまったのでなんとか戻したいと思います。

。。。

ちょっとBMXが欲しいなあ。

ダートジャンプ用の丈夫でシンプルなやつ。

マニュアル(ウィリーのかっこいい版 語弊あり)だけできるようになりたい!