Apple Pencilが来ました。

昨年末に購入したものの、Apple Pencil品薄のための入手困難で持ち腐れ感が半端なかったiPad Proですが、この度ようやく本来目指した運用が始められそうです。

デカイデカイと言われたiPad Proですが、本当にデカイです。普通に使うには多分デカすぎです。

なぜ買ったかというと、絵が描きたかったのです。そういう意味ではおそらくちょうど良い大きさ。持った感じも初代iPadより軽いと感じる(実際どうかは知りませんが)くらいです。

で、ただ絵を描くだけなら紙でも良いんですが、iPadにはアプリというものがあるので、いろいろできる可能性があるのです。

中でも狙っているのは、もしかしたらラフから動画まで一括で行える、最強のアニメ作画マシンになるんじゃないのか?というところです。

 

たまに手描きのフレームアニメを作るんですが、いろいろな方法を試すものの、どうしても不満が残ることがほとんどでした。

一番ベーシックな手法は、Adobe photoshopでレイヤーとフレームを使ってプレビューしながら書き込んでいく方法です。

だいたいはこの方法で大丈夫、入力もペンタブにはそこそこ慣れたので問題はないといえばないんですが、どうしても嫌なのが画面の回転。本格的に描画トレをしているわけではないので、どうしても手が動きやすい向きというのがあるんですが、画面を手で回せないのがなぜかすごくストレスなんです。ちょっとキー操作をすれば回せるんですが、気持ち悪いんですね。

その点、iPadならそのものをまわせばOK。そこが一番期待しているところです。

それと何と言っても、画面に直接書き込める感。これは大事です。

wacomのcintiqにも強烈な憧れはありますが、さすがに高すぎですし、有線じゃないといけないのもちょっと違うし、スタンドアロンで動くタブレット型のモデルはWindowsベースだし、どうしても手が出ません。

というところについに登場iPad Pro+Apple Pencil。これは買うしかありません。

こういうデジタルとアナログの中間、欲しいです。多分デジタルが十分に進むと、ちょっとアナログよりのことができるようになってくるんですよね。もっといろいろ出てこないかな。