広い意味のネタ元について。

前回、手持ちの材料で勝負みたいな感じのところがありましたが、そうなるといい材料が多いほうが良さそうです。

いい材料ってどうやって集めたら良いでしょうか。

そもそもいい材料かどうかわかるのか?という心配もありますね。

正直全然わかりません。

この間講演会でお話を聞いた佐藤カズーさんは、結構twitterを眺めるそうです。今の話題がわかると。

まあやっぱセンスがあるんだろうなーと思います。

僕はものぐさなので、自分の好きなものを集めてくれそうなサイトとかをババっと見ちゃうんですよね。

効率はいいんですけど、なんかこうだんだん感じてくるのは、新しい面白みがないというか。

なのでそこらへんは仕事というか、見なきゃいけないものとして好みを無視してざっと見て、youtubeの関連動画自動再生とか、vimeo上から順にとかが最近多いのです。

動画のBGMを選ぶにしても、まずはvimeoで曲調を妄想する、みたいなことが多いです。

で、モヤっとしたイメージをTAWARAに伝えると、ドワッとした曲が上がってくる、という塩梅です。

断られたら、ロイヤリティーフリーの音源を探しまくって、スパッとした曲を見つけて買います。

というわけで、最初のネタ元のヒントとは全く別物になるんですが、最終的にやりたいこと、妄想の大事なとことか最優先事項ができればOKかなと思います。まあ難しいですけども。

最優先事項というと、「共感をもらう」の設定にすることが最近多いです。

そのためにどうしてもパロディ的な考え方が必要になるので、そこの感覚が大事なのかなと思うことが多くなってきています。

◯◯っぽく思ってほしい、こうなったらこうくるよね、みたいなベタな表現やお約束みたいなものも一種のパロディと思っているのですが。視聴者が知っている前提の話というか。

これのさじ加減がすごく大事ではないか?という気がしています。

昨年一緒に演出に関わらせていただいた方のお話が結構印象に残っています。「お客さんが目の前の物語を理解した時その先に抱く期待を実現してあげることができれば、泣いてくれる」というもの。

が、これがほんとうに難しくて、多分本当にいろいろ見ていないとわからないんだろうなと感じます。

youtuberツマンネとか言ってられないような気も。

いや僕はつまんないと思っているんですけど、面白さがわかってないだけなのかもしれないし。

面白いと思ってないと作ってても面白くないし、あがりも面白くなさそうですからね。

どうすればいいんでしょう。

まずは、自分が面白いと感じる感性。何をするにも楽しむことが大事。で、そうやって考えたものが他人に面白がられるかというと、

 

通じないんだなこれが。

 

冒頭の写真はみなとぴあなんですけど、「この場所、ここ」ってのを出せてオーディオビジュアル的な同期が見えれば、というのが基本で、造形的にはperfumeのドームツアーのDVD見まくった影響が出ています。どこが?って感じもありますが、確かにネタ元ではあるのです。球体とか。

で、たまに「みなとぴあがクラブみたいになってた」とか言う感想を見ると嬉しいわけです。立体感が、とかいうよりも、この回は。この前の年がまさに立体感が肝だったので。